• 鈴木 翔太

「ジャイアントキリング」から学ぶマインドのはたらき

この記事にアクセスしていただきありがとうございます。


今回は、「ジャイアントキリング」から学ぶマインドのはたらきです。


「ジャイアントキリング」は人気のサッカー漫画で、人間の認知の仕組みが詰まっています。


そんなジャイアントキリングの27巻第263話のシーンから分析してみたいと思います。


期待の若手である椿大介が、五輪メンバーに選出され、記者からのインタビューを受けているシーンです。


椿大介という選手は、実力があるにも関わらずメンタルに不安を抱えている選手で、自分を卑下しがちです。


五輪メンバーに選出されたにも関わらず、「自身ないです。そもそもプロになれただけでも奇跡だと思ってて・・・」と自己評価がかなり低いのが伺えます。


これはコンフォートゾーンが、「自分はプロの世界で試合に出るのが精一杯だ」というところにあるため、五輪メンバー選出によってコンフォートゾーンから離れ、無意識が居心地の良いコンフォートゾーンに戻ろうとしているのです。


人間はコンフォートゾーンから外れてしまうと、途端にパフォーマンスが落ちてしまいます。


話中にも、「俺なんでこんなにバカなんだろう。混乱しちゃって何も考えられない・・・」と心の中で思っているシーンがあります。


普通に考えれば、五輪メンバーに選出されるということは、それぐらい実力があるということと理解できますが、本人にとってはこのようなことが起きてきます。


これは漫画だけの話ではなく、実際に起きることです。


ここまで極端でなくとも、よく眠れなかったり、現場で緊張してしまっていつも通りのパフォーマンスを発揮できないということはサッカー以外でもよくある話です。


これを改善するには、コンフォートゾーンを高く設定し、「俺は代表メンバーと共に金メダルを掲げている」のような言葉やイメージを使ってコンフォートゾーンを移行させておくのが望ましいのです。


ということで今回は"コンフォートゾーンをテーマに分析しました。


最後までお読みいただきありがとうございました。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この記事を閲覧していただきありがとうございます。 今回は大人気漫画「キングダム」からマインドの使い方について分析してみたいと思います。 ※漫画はフィクションであっても、人間の認知のカラクリがたくさん詰まっています。 5巻の48話に、第31代秦王 嬴政(えいせい)が、天下の大将軍になるというゴールを持った信(しん)に対して、「急ぐのと焦るのは違う」と言うシーンがあります。 このとき、信は怪我をしてい